売買がさかんに|マンションを売るときはタイミングを見極めよう
インテリア

売買がさかんに

男性

需要の高い地域

浦和は、かつては埼玉県の県庁所在地となっていた地域で、現在でも県内の中心部としてにぎわっています。駅前にはデパートや飲食店などの商業施設が多く、学校や公園などの公共施設も充実しています。そのため県内でも特に暮らしやすいということで、浦和は県内有数の高級住宅街となっています。さらに、都内に電車1本でアクセスできるため、浦和には都内で働く人も多く住んでいます。このように浦和の不動産には、高い需要があるのです。そのことから、多くの人が不動産の売買をおこなっています。購入する人が多いということは、高く売れるということなので、それを利用する投資家が多くいるのです。そしてその不動産売買を仲介する不動産会社も、浦和には数多くあります。

再開発に伴って

浦和は、以前は駅の西側と東側とで雰囲気が異なっているという地域でした。具体的には、西側はファッションビルや銀行など人の出入りする施設が多く、東側は閑静な住宅街が広がっていたのです。そのため西側と東側では地価も大幅に異なっていたのですが、近年になってこの東側が、再開発によって発展しました。それに伴って、低めだった地価が高騰したので、このことが浦和での不動産売買に拍車をかけました。現在では東側に追うような形で西側でも再開発が進められているので、これにより西側の地価も変化してきています。つまり今後は、西側での不動産売買もさかんになっていくということなので、不動産会社によって投資に適した不動産の紹介が積極的におこなわれています。